MENU

アンケート

HOT WORD

2021年02月01日

憧れのチョコレート

じゅずつなぎコラム

京都文教短期大学 教授 / 管理栄養士
小椋真理

みなさん、チョコレートはお好きですか?先日、お菓子コーナーでふと目に留まったアンパンマンのペロペロチョコ。子どもの頃、キャラクターが書かれた棒付きのチョコレートは、チョコレートを独り占めできる楽しみのおやつであったことをふと思い出しました。その並びを見ると・・・マーブルチョコレートやチョコベビー、アポロ、チョコボールと懐かしいものが。チョコボールはおもちゃの缶詰がほしくて金色・銀色のエンゼルマークを集めていたことも懐かしく思い出しました。昔からチョコレート菓子はわくわくの存在でした。

「チョコレート」はいつの時代も魅惑の存在ですが、その起源は紀元前。古代メキシコの時代にカカオは皇帝が飲んだ王の飲み物・神の食べものと称されていたとか。カカオをすりつぶしたものにとうもろこしの粉や香辛料をまぜた飲み物だったようで、スイーツというものではなかったようです。現代ではカカオにはポリフェノールが含まれていることが証明されていますが、健康によいものとして取られていたことには驚きです。

その後、カカオはスペインへ渡り、砂糖などを加えた甘い飲み物として広がったそうですが、カカオの渋みや苦みが飲みにくいものでもあったようです。そこで飲みやすいココアパウダーの製造方法を開発したのが、ココアと言えば、のバンホーテンです。さらに時は流れ、チョコレートの原型となるミルクチョコレートなど、何百年もの年月を経て現在のチョコレートに至ったようです。

そんなチョコレートの原材料のカカオですが、カカオの生産量を消費量が上回っている現実があります。需要があることはいいことですが、カカオの抱える問題も近年取りざたされています。カカオ栽培には、適した環境条件が必要であり、アフリカなど限られた地域でしか栽培できないうえに、カカオは新しい苗を植えても収穫できるまでには6年、7年と年月もかかるそうです。現地の労働条件は厳しく、カカオ農家の減少など問題も明らかになってきています。
日本でもチョコレートは、庶民の味から高級なものまで好みも楽しみもさまざま。チョコレートは私にとって懐かしさとともに、日頃頑張っている自分へのご褒美など、どんなジャンルのチョコレートも魅惑の存在。その存在が絶えないように、チョコレートを含め「食」を取り巻く環境問題を忘れず、チョコレートがいただけることに感謝して、味わっていただきます。

<お願い>

・コメントはわっかスタッフの確認後に公開されます。営業時間外は翌営業日の公開になります。ご了承ください。

・個人情報の書き込みはご遠慮ください。

・投稿いただける内容は、著作権・肖像権など第三者の権利を一切侵害していないものに限ります。

・投稿されている内容を具体的に参考にする場合は、ご自身の責任においてお願いいたします。

写真を追加する

投稿する

コンテンツへのコメント

  • 2021年2月 6日 22:37
  • モリモリ

チョコボール・マーブルチョコ 懐かしいです。

  • 2021年2月 5日 14:16
  • シャムちゃん

チョコベビーやアポロチョコなぜか
懐かしい〜〜〜 買っちゃいました?

  • 2021年2月 4日 20:22
  • 雪ん子

チョコに関してもSDG'sを目指して賢い消費者を目指します。

  • 2021年2月 4日 14:08
  • かのこ

小椋真理先生の記事 読ませていただいて カカオの生産事情知りました 感謝して チョコレート頂きます すべて食べ物 おろそかにしてはいけませんね

  • 2021年2月 3日 10:18
  • みーこ

チョコレート大好き ポリフェノールで有名に

  • 2021年2月 1日 16:17
  • まろちゃん

チョコガナッシュサンドを作りました。アラザンと、ガナッシュの搾りで華やかさをプラスしました✨

POST ROOM投稿ルーム

RANKINGランキング