MENU

アンケート

HOT WORD

2020年10月26日

おいしくお米を食べよう! (1)新米と無洗米のヒミツ

(初掲載「機関誌いずみ」2019年9月号より)

日本人の主食であるお米。毎日のように食べているお米のこと、みなさんはどれくらい知っていますか?
知ればもっとおいしくなるお米の魅力や品種による違い、炊き方のコツについて、宅配商品部の乾バイヤーに聞いてみました。

● 新米ってどんなお米?

そもそも「新米」とは、どのようなお米を指すのかご存じでしょうか。

実は新米と呼べるのは、その年にとれたお米だけ。次の年をむかえると、新米とは呼びません。お米の収穫時期は産地や銘柄によって異なりますが、早いところで8月頃から始まります。そのあと市場に出回るため、わたしたちが新米を買えるのは、8月から12月までの期間になります。

前年収穫されたお米は「古米」と呼ばれ、20~30年前までは古米はおいしくないと言われていました。しかし今では、秋に収穫したお米はすぐに低温で管理された倉庫で保管されるため、時間が経っても劣化しづらく、新米と古米に大きな差はなくなりました。おかげで、一年中おいしいお米が食べられるようになったのです。

● 無洗米のヒミツ

研ぎ洗いせずに炊けるお米を「無洗米」といいます。精米したお米の表面は、まだ粘着性の強い肌ヌカが残っている状態なので、炊く前に研ぎ洗う必要がありますが、無洗米はその肌ヌカをあらかじめ工場で取り除いたお米なのです。

本当に研ぎ洗いしなくて大丈夫?

精白米に慣れていると、研ぎ洗いせずに炊くのは抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。しかし、無洗米は、洗うとかえって旨味をうばってしまう原因になります。そのため研ぎ洗いする必要がないのです。

無洗米「全国無洗米協会」より抜粋

●メリット

・研ぎ洗いする必要がないので誰が炊いてもムラがなく、いつもおいしいお米を食べられる。

・手間が省け時短につながる。忙しい人にもおすすめ。

●デメリット

・精白米に比べると、少し割高。

● 柔らかくて甘いお米が人気

人気がある品種は、時代によって変化します。今人気があるのは「コシヒカリ」や「ゆめぴりか」、「ひとめぼれ」などの柔らかくて甘味のあるお米。また、関西人は北陸地方のお米を好む傾向があります。いずみ市民生協では、石川県産のお米は若年層からの人気が高く、福井県・富山県産のお米は、高齢層から人気が高いという傾向も見られます。


毎日のお米、
おいしく食べましょう♪

宅配商品部部長
米・農産担当バイヤー

乾 始さん

地域によってもお米の人気の傾向があるんですね。あなたはどんなお米が好きですか?
次回は、バイヤー自身が食べて作った味分布をお届け! 好きなお米を見つけるときの参考になると思います。お楽しみに~。

お米の予約登録はいかが?

いずみ市民生協ではお米の予約登録をしています。
予約登録のために育てられた通常では手に入らないお米や、毎月違うお米が届く「人気銘柄味比べコース」など、楽しさと便利さを兼ね備えた予約登録。
気になる方はぜひお米の予約登録ページをご覧くださいね。

コープのお米予約登録

<お願い>

・コメントはわっかスタッフの確認後に公開されます。営業時間外は翌営業日の公開になります。ご了承ください。

・個人情報の書き込みはご遠慮ください。

・投稿いただける内容は、著作権・肖像権など第三者の権利を一切侵害していないものに限ります。

・投稿されている内容を具体的に参考にする場合は、ご自身の責任においてお願いいたします。

写真を追加する

投稿する

コンテンツへのコメント

  • 2021年1月 8日 10:36
  • ゆきみでーふぐ

最近はずっとコープの無洗米です。1回くらい洗った方が良いのかな?と思ってましたが、無洗米は、洗うとかえって旨味をうばってしまう原因になるとの事で、安心して洗わずに炊飯します!

  • 2020年10月27日 16:29
  • ももぷー。

地域で好みがあるんですね。
確かに関西に住んでいる中高年の私は富山産のコシヒカリは美味しいなと思います。
でも1番好きなのはミルキークイーンです!
家族内で固めが好きな人とやわらかめが好きな人とわかれているので困ります。

POST ROOM投稿ルーム

RANKINGランキング