投稿ルームカテゴリー

記事カテゴリー

ホットワード

2022年10月03日

産直委員と産地 もうすぐおいしい季節。特別栽培米とそのお供♪

産直委員会Vol.7

みなさんこんにちは。昨年の「産直委員会通信 vol.1」以来になる、おいしいお米の季節が今年もやってきました。
今回お話しを伺ったのはJAみやぎ仙南さん。「つや姫」「ひとめぼれ」にスポットを当てて、産直委員会のスタートです。

産直委員会とは
組合員で構成された「産直委員会」では、毎月一回、産直商品のことを学び、商品を広めるための企画づくりに取り組んでいます。

● 阿武隈川が真ん中をとおる、肥よくな土地「宮城県角田市」

今回協力してくださるJAみやぎ仙南は宮城県の角田市にあります。角田市の真ん中に阿武隈川がとおっていて、その両翼にひろがる肥よくな土地が今回のお米の生産地です。

JAみやぎ仙南ではお米の栽培に使う農薬や化学肥料の使用量を、一般のお米(慣行栽培米)に比べて半分以下に減らした特別栽培米(環境保全米)をつくる取り組みをおこなっています。生産はむずかしくとても手間がかかるのですが、少しでも安心・安全につながることを第一の方針とされています!

● 宮城自慢のお米!「つや姫」と「ひとめぼれ」

組合員さんへ届けていただくお米は宮城自慢のお米である「つや姫」と「ひとめぼれ」です。「ひとめぼれ」は令和3年産のお米で誕生から30周年!!「つや姫」これから長く人に愛されるお米にしていくと、JAみやぎ仙南の方も意気込みを感じました。

● 稲刈りまでもうすぐ!オンラインで田んぼをチェック

大切に育てられているお米の状況を画面越しに確認させていただきました。生育の様子からすると9月中には稲刈りをされるそうです。

順調に育った稲が画面いっぱいに映し出されます

稲穂の様子をうかがうと「ひとめぼれ」はもう稲の色が黄色く収穫まであと少し「つや姫」はすこし青いので、まだ成長するまで待つような状況。JAみやぎ仙南さんの話では、お米も人と同じで暑すぎると夏バテのようになって、生育不良になるそうです。

「ひとめぼれ(左)」と「つや姫(右)」の稲穂が画面いっぱいに

● 聞いてみたい。お米農家さんへ気になるあれこれ

ここからは産直委員会恒例の生産者さんへの質問の時間です。今回も素朴な疑問から本当に気になるあんなことまで聞いてきました。

Q:何人でお米の生産をしていますか?

A:農家さんは総勢374人でお米の生産をしています。作っているお米の割合としては「ひとめぼれ」が65%、「つや姫」が35%ほどです。

Q:お米農家さんとして大変なことはなんですか?

A:除草剤に頼れないので、特別栽培米の生産に草刈りは欠かせません。年に数回やる草刈りの日が暑いと、もうたまったものじゃありません。(笑)

Q:宮城県ならではのお米に合うおかずとか、ごはんのお供はありますか?

A:「しそ巻き」と「ピーマンこうじ」が有名です。
ご飯と一緒におかずとして食べてもよし、お酒と合わせてもよし!冷凍保存しても大丈夫です。

「しそ巻き」のレシピはこちら
「ピーマンこうじ」のレシピはこちら
※別ページが開きます。

● 試食しました。「つや姫」と「ひとめぼれ」

JAみやぎ仙南さんと農家の方々のこだわりや努力の詰まったおいしいお米、実際に産直委員の各家庭で試食をしてみました。感想とともにその様子も合わせて紹介します。

つや姫
見た目はつやつやとしていて、透明感があるのがわかりました。口当たりはやわらかいけど、噛んでみるとモチっとした弾力があって、甘みを感じられました。冷ましてからも食べてみましたが、おいしかったです。
炒めた野菜(シシトウ、ごぼう、アスパラガス、なす、パプリカ、コーン、かぼちゃ)にお塩を軽く振って小さなおにぎりに。

ひとめぼれ
お米がやわらかく、味わいはあっさりとしています。
お弁当箱につめて、鮭・かつお・梅・佃煮・たくあんとごはんのお供をのせて楽しみました。

つや姫
お⽶の⾒た⽬がピカピカ・ツヤツヤと光って⾒えました!⼀⽬みたときは「少し粒が細いかな...」って思いましたが、味がしっかりとしていて箸がすすみました。
しそ梅干し、きゅうりの佃煮、辛子明太子、山芋とろろ、冷やっこ、かつおたたき、アヒージョサラダ

ひとめぼれ
普段⾷べているお⽶より、やわらかいと感じました。ですが噛むほどにお⽶の味が出ておいしく感じられました。炊きたての⾹りが好きです。
梅干し、きゅうりの佃煮、新生姜の甘酢漬け、煮玉子、鶏唐揚、鮭の麹漬け

つや姫
炊きあがりの香りがとてもよく、きれいなお米でした。
昼食におにぎりにしました。(焼鮭、ニラ卵焼き、ソーセージ)

ひとめぼれ
炊き込みごはん(トマト、ベーコン、しめじ、鶏肉)に。

他にも「無洗米は初めて食べたけど、とてもおいしかった」「ごはんとして素直にいただきました。」「大粒で香りのいいお米でした。炊いたときの見た目もきれいでよかったです。」などの声が集まりました。

毎日の食卓に並ぶお米だからこそ、おいしいものを食べたいですよね。ていねいに育てられたお米はとてもおいしく、新米が楽しみになりました。
次回の「産直委員会通信」もお楽しみに!

産直委員会の記事はこちら

今回の主人公はこちら

特別栽培米
宮城つや姫 5kg

無洗米 特別栽培米
宮城ひとめぼれ 5kg

「コープのお米予約」好評受付中!

予約する 予約する

<お願い>

・コメントはわっかスタッフの確認後に公開されます。営業時間外は翌営業日の公開になります。ご了承ください。

・個人情報の書き込みはご遠慮ください。

・投稿いただける内容は、著作権・肖像権など第三者の権利を一切侵害していないものに限ります。

・投稿されている内容を具体的に参考にする場合は、ご自身の責任においてお願いいたします。

写真を追加する

投稿する

POST ROOM投稿ルーム

RANKINGランキング